プロテインの種類


大きくは「ホエイ」と「ソイ」に分けられる

プロテインの種類

プロテインドリンクは大きく「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」に分けられます。

 

ホエイプロテイン・・・動物性たんぱく質。牛乳などに含まれる乳清を減量としています。現在販売されているプロテインの多くがこのホエイプロテインです。

消化・吸収が早いため運動前後のたんぱく質補給にオススメです。

ただ乳糖が含まれているため、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる人などはこのホエイプロテインでもお腹の調子を悪くする可能性があります。

 

ソイプロテイン・・・植物性たんぱく質。ソイ、つまり大豆を原料としています。消化に時間がかかるため運動前後より食間などでの補給がオススメです。

ホエイだとお腹の調子が悪くなるがソイなら大丈夫、という方も多いです。味はホエイより飲みにくいものが多いです…。

 

特に乳製品が苦手といったことがなければホエイプロテインをオススメします。

ホエイプロテインとソイプロテインの違いのひとつとして必須アミノ酸の含有量があります。

必須アミノ酸とは体内では生成できないため食事やサプリメントから摂取する必要があるアミノ酸のことなのですが、これはホエイプロテインの方が多く含まれているのです。

その為同じたんぱく質量を摂取しても摂取できるアミノ酸には差が出てくるのです。 

 

そのため個人的にはホエイプロテインをオススメしますが、最初はいろいろ飲み比べてみて自分自身に合うものを選びましょう!


ホエイ、ソイ以外にもガゼインやウェイトゲイナーなど


プロテインの種類は他にも種類があります。

ガゼインプロテイン=ガゼインは牛乳などの乳製品に含まれている物質です。

栄養がゆっくり吸収される効果があるので満腹感も得られやすく、間食や就寝前の補給に向いています。

ウエイトゲイナー=たんぱく質にカーボ(炭水化物)がプラスされたもので、増量目的の方に向いています。

ダイエット目的の方は間違えてこちらを買ってしまわないように注意しましょう。ミールリプレイスメント=プロテインだけでなくビタミンやミネラルなど人間に必要な栄養素が入ったものです。

食事の置き換えとしても有用です。

栄養がたくさんはいっている分カロリーも多めですのでダイエットの方は注意しましょう。

他にもヴィーガンの方向けのプロテインやアミノ酸を配合したプロテインなど様々なプロテインがあります。

ホエイプロテインの中でもWPC製法、WPI製法と2種類があったりします。

メーカーによってそのメーカー独自のものもあったりするので色々なプロテインを飲み比べてみてください。