レモン水のメリット

大阪 ボクシングジム

レモン水

 

私の朝のルーティンとしての一つが体重測定後からのコップ一杯のお水を飲むという習慣でしたが、最近これをレモン水に変えてみました。

 

レモンには皆さんの良くご存じの成分、ビタミンC・クエン酸・ポリフェノール・リモネン等が含まれています。

 

ビタミンCには細胞と細胞を結ぶたんぱく質であるコラーゲンの生成に必要不可欠な栄養素なので、それによって皮膚の健康を保つ事が出来ます。

また、体内に侵入した細菌に対抗する役割を持つ白血球やリンパ球はビタミンCが含まれているので、摂取することにより抵抗力が強くなるので風邪予防に繋がります。

 

レモンに含まれるクエン酸のキレート作用によって骨密度アップや、新陳代謝を高めて栄養素をエネルギーに変える効率を上げてくれるのでダイエットの手助けに!あとは便秘対策で腸を刺激して動きを高める作用があります。

 

香り成分のリモネンにはリラクゼーション効果があり気持ちをスッキリさせたい時お勧め、この香り成分に脂肪分解酵素であるリパーゼの分泌を促すとされてるのでこちらもダイエットの味方になるかもですね!!

カリウムも含まれているので細胞内液の浸透圧を一定に保ったりナトリウムを排出する作用があるので、塩分の摂りすぎを調節してむくみ対策にもなります。

 

その他色々な身体に嬉しい成分がありますが、デメリットとして歯のエナメル質を溶かしたり酸味があるので胃への負担があるので胃腸の弱い方は空腹時はさけて下さい。1日の摂取量としても1日2~3杯までの目安に飲みすぎに注意、飲むタイミングは朝や運動時・運動後など自分が一番飲みやすいタイミングがお勧めです。

 

最近は、ダイエットの為の緑茶・レモン・砂糖で作るアイドル水も流行っていて、レモン水も甘みをつける為シロップなどを入れますがどちらも入れすぎないようにレシピ通りに作りましょう。

ちなみに私は横着なので、お水にポッカレモンを見分量で入れて飲んでます。