胸式呼吸2

大阪 ボクシングジム

呼吸法②

 

前回副交感神経を優位にしリラックス効果のある〖腹式呼吸〗を載せましたが、今回は【胸式呼吸】について載せていきます。

 

胸式呼吸は文字通り胸に空気を入れて膨らませたりするイメージの呼吸で、ピラティスなどで使われる呼吸法です。

 

胸式呼吸では、交感神経が優位になるので身体が活性化し運動パフォーマンスが上がるのでエクササイズ向けです。

また、交感神経が優位になることで、頭がスッキリし・リフレッシュした気分になったり・適度な緊張感を身体に与える事が出来ます。女性でしたらアンダーバストが細くなったり・姿勢が良くなる等の嬉しい効果があります。

 

胸式呼吸の効果としては、肺全体を使う事で〚肺活量を上げる〛ことが出来ます。また筋肉が活発に動くことで交感神経が働き〚代謝アップ〛の期待もあります。呼吸をする際、横隔膜を伸び縮みさせているので横隔膜を押し上げて、胃につながっている部分を緩め胃の働きを活発にさせるので〚胃腸の働きを整えてくれる〛効果が期待できます。

 

デメリットとしては、猫背で胸が丸くなっている姿勢の方は肋骨の動きが悪くなるので十分な呼吸が行えない可能性があります。その為にまずは姿勢の見直しが必要になってきますが、対処方として呼吸する際は骨盤を立て、胸を少し持ち上げて息を胸に入れる様にしましょう。背中は反りすぎないようにと姿勢のチェックをしながら行いましょう。

 

胸式呼吸のやり方

 

・寝ても座ってもどちらでも楽な姿勢になります。

 

・肋骨に掌を置き(もしくは抱きしめるように抱え込む)息を吐きます。この時お腹をへこませ力が入るのを確認しましょう。

 

・お腹をへこませたまま、鼻から息を吸い胸に空気を入れる様なイメージで胸を膨らませます。肋骨掌を置いてる方は左右に大きく広がるのを感じましょう。

 

・お腹をへこませたまま口から息を『ハー』と吐きます。広がった肋骨が縮んでいくのと胸がしぼんでいくのを意識

 

この流れを何セットか行います