秋の食材①

大阪 ボクシングジム

秋の食材①

 

【きのこ】

栄養豊富+低カロリーで家計に優しい食材のキノコ

天然のキノコは9月~11月頃に旬を迎える物が多く、また栽培されてるのが多いので1年中食べられる食材の1つです。

 

栄養素としては

・ビタミンB1➡疲労回復のビタミン、糖質の代謝を行い脳や神経系の働きを維持

・ビタミンB2➡美容のビタミン、皮膚や粘膜を健やかに保つ

・ビタミンD➡カルシウムの吸収を促進、骨を丈夫にするのに必要な栄養素

・ミネラル➡骨や体を作り、身体の調子を整える

・食物繊維➡不溶性食物繊維が豊富なので、腸の蠕動運動を促し便秘解消

・B-グルカン➡細菌やウイルスに対する抵抗力を高め、大腸癌の予防も期待できる。

 

この栄養素以外にも、キノコの種類によって含まれている栄養が異なります。

 

しいたけ➡便秘解消・美肌効果・脳の老化防止(脳の栄養素として欠かせない成分、グルタミン酸が含まれている)・生活習慣予防(コレステロール値を下げるエリタデニンや、血小板が塊になるのを抑える作用があるレンチオニンとゲアニル酸が含まれており血液をサラサラにする効果が期待)・がんの予防(がん細胞の増殖を抑制、抗がん作用が期待されるレンチナン)・乾燥シイタケにはビタミンDも豊富

 

エリンギ➡血液を下げる・脂肪の排出・便秘むくみ解消(体内の不要な塩分を排出し、むくみを解消する役割を担うカリウムが豊富に含まれている)・ダイエットに効果的(中性脂肪の吸収を抑える働きがある)

 

ブナシメジ➡アンチエイジング・二日酔い(原因となるアセトアルデヒドを分解するのを助けるオルニチンが豊富)・肌トラブル改善(オルニチンは肌のターンオーバーを促進する効果もあり)

 

エノキタケ➡免疫力アップ・脂質代謝の改善・疲労回復(キノコの中でもビタミンB1が豊富)・ストレス対策(神経の高ぶりを抑制する神経伝達物質GABAが含まれているので、ストレスを和らげる効果が期待、また体をリラックスさせる働きにより安眠を促進)

 

まいたけ➡血圧を下げる・糖尿病予防・美容(肌荒れを防ぐビタミンB2とナイアシン、お肌の潤いを保つトレハロース、シミやそばかすの原因となるメラニンの活性化を抑えるチロシナーゼ阻害物質が含まれており、これにより美肌効果やストレスが原因で起こる肌荒れを予防改善する働きがある)・免疫力アップ(免疫の活性力を高め、細菌やウイルスに対する抵抗力を高める効果があるβ-グルカンの含有量がキノコの中でも断トツ)

 

きくらげ➡血糖値を下げる・肥満予防

 

マッシュルーム➡コレステロール除去・抗酸化作用

 

なめこ➡胃壁の保護・肝臓や腎臓機能UP(特有のぬめりは水溶性食物繊維のペクチンで血糖値の急激な上昇やコレステロールの吸収を防いでくれる働きがある。また、胃液の保護や肝臓・腎臓の機能を高めてくれる働きがある)

 

目的別にキノコを選んで食べるのもお勧めです

ちなみにキノコの中で食物繊維が多いのは松茸だそうなので、今からの時期が旬となりますね。