秋の食材3

大阪 ボクシングジム

秋の食材③

 

【さつまいも】

 

秋の味覚代表のようなサツマイモ、嫌いな女性はいないんじゃないかってぐらい美味しい食材であり少し前には、韓国のコグマダイエットとして聞いた事があるかもしれません。

 

さつまいもには免疫を高める効果や、抗酸化作用を高めるビタミンCやビタミンEが豊富

サツマイモのビタミンは熱に強く、長時間の加熱でもビタミンCは壊れにくいと言う特徴もあります。

 

栄養素

 

・食物繊維➡腸内環境を整える

・ヤラピン➡さつまいもに含まれる成分、腸の蠕動運動を促進して便をやわらかくする作用がある

・ビタミンC➡皮膚や粘膜の健康維持、カルシウム ミネラルの吸収を促進

・ビタミンE➡脂質の酸化を防ぐ、動脈硬化等の生活習慣予防

・カリウム➡細胞を正常に保つ働きや、血圧調整、体内の状態を維持する働きがある

 

種類別

〖紅イモ〗

・アントシアニン➡ポリフェノールの一種、生活習慣病を引き起こす活性酵素の働きを抑制する効果がある

〖安納芋〗

・β-カロテン➡白内障の予防・視力維持などに効果。体内でビタミンAに変換される

 

【里芋】

旬の時期が9月~12月といわれる里芋

実は芋類の中では水分量が多く低カロリーなお芋だったりします。

だからと言って食べすぎは注意ですが…

オクラや山芋などと同じぬめり成分が含まれており、肝臓や腎臓の機能を高める効果があります。

 

栄養素

 

・食物繊維➡腸内環境の改善

・カリウム➡むくみや高血圧を防ぐ

・ビタミンB1➡ブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要な栄養素

・ムチン➡ぬめり成分、免疫力を高めて風邪予防 がん細胞の増殖を抑制 胃腸を保護する。