応急処置の基本PRICE処置


主に捻挫や打撲など幅広いケガに対応できる応急処置の基本です

応急処置のPRICE処置

スポーツやトレーニングをしているとケガは起こり得ます。

その際に適切な処置ができるかどうかで症状の悪化を防いだり、回復を早める事ができます。

 

PRICE処置とはそれぞれの単語の頭文字を取ったものとなります。

P・・・Protect(保護) まずは速やかに安全な場所に移動させます。

R・・・Rest(安静) 負傷部位を動かさずに体を安静にします。

I・・・Ice(冷却) 氷で患部を冷やします。

C・・・Compression(圧迫) 包帯やテーピングで患部を圧迫します。

E・・・Elevation(挙上) 患部を心臓より高い位置に保ちます。

 

これらを適切に行う事が応急処置の際に重要となります。

 

最初に「スポーツやトレーニングをしていて~」と書きましたがこの対処方法は普段の生活でケガをしてしまった場合も有効です。

自宅や階段で転んでしまった場合や事故にあってしまった場合などなど。

自分自身はもちろん、家族や恋人、友人が自分の目の前でケガをしてしまうこともあるでしょう。

万が一の場合に素早く適切な対処ができるようにトレーナーをしている方だけではなく、一般の方もぜひ覚えておいていただければと思います。