食事は何事も偏りすぎないように

大阪 ボクシングジム

食事制限というと、炭水化物抜きや野菜ばっかり食べるというような極端な方法をとってしまう方が多いように感じます。

たしかにその方法なら自然に摂取カロリーも減って体重も落ちるかもしれません。

しかし栄養が偏ってしまい健康を損ねてしまいやすくなります。

 

例えば炭水化物抜き。炭水化物は生きる為のエネルギーです。

脳を使う、体を動かす、これらには炭水化物が必要です。

炭水化物を摂取していないと、人間は自分の筋肉を分解してエネルギーに変換します。

つまり筋肉が分解されて代謝が落ち、リバウンドしやすくなってしまいます。

 

他には野菜中心の生活。確かに野菜は身体にいいですが、だからといってすべての栄養素をまかなえるわけではありません。

たんぱく質も不足しやすいです。

 

病気になった人の食生活を調べたところ、一番病気になりにくかったのは炭水化物を抜いていた人でも野菜ばかり食べていた人でもお肉ばかり食べていた人でもなく、バランスよく満遍なくいろんなものを食べていた人だったそうです。

 

○○は体にいい!という情報を耳にしてもそればかりに偏らずバランスの良い食事を心がけましょう!