簡単に出来るお尻歩きでシェイプアップ

お尻歩きでシェイプアップ

少しのスペースで出来る『お尻歩き』今回はこちらをご紹介したいと思います。

 

寒い中なかなか運動をするにも面倒くさくなる冬ですが、お家で簡単に出来るのと、ジムに運動に来た際は初めに行って頂くと姿勢が改善されその後のトレーニング効果も高くなるので是非取り入れてみて下さい。

 

〚やり方〛

・床で行うお尻歩き

 

① 両足を伸ばして長座に座る。(この時なるべくお尻を丸めず尾骨を立てる様にする)

② 両足の膝をくっつけたまま足首を背屈させる(つま先が天井を向くように)

③ 足とお尻を交互に動かし後方に下がる(10歩ぐらい)

④ ③の動作の時なるべく膝を曲げずに股関節から足の付け根を動かす様に意識しながら動かしましょう。

⑤ 今度は前に進む様に、足とお尻を交互に動かして前方に進む(③の動作の意識と同じ)

⑥ ③~⑤の一連の動作が1セットとなるので、2~3セット行いましょう。

 

*腕は胸の前でクロスにして頂くか、脇を締め肘を引くように前後に腕を振って頂けば二の腕や背面のトレーニングにもなります。

 

・椅子でのお尻歩き

 

① 硬めの椅子に浅く座る

② 足幅を少し開けて両脚のかかとをしっかり床につける。

③ 両手を腰にあてます。(腰を反りすぎたり、丸めすぎたりせずニュートラルな状態をキープ)

④ お尻を交互に浮かせるように左右に揺れる。(20回ぐらい)

⑤ 次に10秒ほどかけながら、頭を下げて骨盤を後ろに倒しお尻を丸める

⑥ 10秒かけて元の姿勢に戻る

 

椅子での動作は隙間時間に行えるものなので、特にセット数はありません。

足が浮腫んでたり、だるいと感じる時に行って頂くと血流改善の効果が期待されているのでオススメです。

 

その他お尻歩きの効果としては

・骨盤矯正・血行促進・体幹強化・ヒップアップ・下半身痩せ・基礎代謝アップ・姿勢改善などがあげられます。

 

注意点

ゆっくりの動きでも大丈夫ですので、あまり回数やセット数にこだわらず正しいフォームで行いましょう。(目線を下げず綺麗な姿勢で行うと尚よし)

また呼吸を止めず自然な呼吸から始めましょう。慣れてきたら腹式呼吸で行うと良いでしょう。