筋トレにハマった人が目指す目標、コンテストの種類について


筋トレ コンテスト 種類

筋トレにハマってくると、コンテスト(大会)の存在を耳にすることも多いと思います。

ボディビルと聞くとめちゃくちゃマッチョなイメージをしてしまいますが、最近は筋肉量よりカッコよさを重視した大会もあります。

それぞれのコンテストの特徴を紹介します。

 

【ベストボディジャパン・サマースタイルアワードなど】

男性だと細マッチョ・女性だと引き締まったモデルのような体型が有利で、筋肉が大きすぎると逆に減点対象になります。

男性は下半身の筋肉は採点に関係ないと言われています。

有名人だと、最近T.M.Revolutionの西川貴教さんが優勝したことでも話題になりました。

 

【フィジーク】

ベストボディジャパンなどと比べると大きい筋肉が必要になりますがボディビルほど筋肉があると減点対象となることも。

肩の筋肉が重視される傾向があり、サイドレイズなどの種目をやりこんでいる方が多いです。

下半身の筋肉が採点に関係あるものとないものがあります。

筋トレ系YouTuberの方はこのフィジークに出ている方が多いです。

 

【ボディビル】

最も筋肉量が必要で全身の筋肉が採点対象です。

上記で紹介したコンテストはサーフパンツなどで競技を行ったりしますが、ボディビルはボディビルパンツと呼ばれるブーメランパンツのようなものを着用します。

有名人だと最近バラエティ番組に引っ張りだこの日本チャンピオン横川尚隆さんや、芸人のなかやまきんに君さんなどがボディビルに出場しています。

 

このようにコンテストによって特徴は異なります。

ボディビルに出場するにはそれ相応の年月が必要ですが、ベストボディジャパンなどは筋トレ歴が浅くても入賞している方もいらっしゃるので一度挑戦してみてはいかがでしょうか?