【ボクシング】ディフェンスの重要性について


ボクシングのディフェンス

ボクシングの練習はパンチの打ち込みなどの攻撃練習だけではありません。

相手のパンチを防ぐ、避けるといった防御の練習も大事です。

 

ノーガードで思いっきりパンチを打ちあい倒すか倒されるかのエンターテイナー!

確かに観客として観る分にはそんなファイターの試合はめちゃくちゃ面白いでしょう。それは認めます。

ですが普段の練習でたくさんパンチをもらい、実際の試合でもたくさんパンチをもらい、そんなことを繰り返していては脳へのダメージは尋常ではありません。

しっかりとディフェンスの練習は行うべきです。

そうしないとパンチドランカーまっしぐらです。

 

これはプロボクサーに限った話ではありません。

試合をすることはなくても、練習の一環としてスパーリングを行う、あるいは興味のある人も多いはず。

ヘッドギアをつけているとはいえ、パンチを顔面にもらえばその衝撃は脳を揺らします。

それを繰り返すと脳へのダメージは蓄積されてしまいます。

 

また、ディフェンス練習が重要な理由は脳へのダメージだけではありません。

単純にしっかりディフェンスができていないとボッコボコにされます(笑)

筆者も最初経験しましたが、ディフェンス練習をしていないと、もらうパンチ全部モロに入るんですよ!

ダッキングやウィービングで動いていれば仮にパンチをもらってもモロにくらう確率は低くなったりもするんですが、私は棒立ちでガードは低く、頭は攻撃のことしかないもんですからまあたくさんパンチをもらいました(笑)

多分そんな経験をしてディフェンスの重要性に気付くって人も多いんですよね。

できればあらかじめディフェンスの練習はしていきましょう!

 

具体的なディフェンスの練習はまた記事にしていきますね!