腰痛の原因の1つはお尻コリ

腰痛の援和するストレッチ

腰痛緩和の為のストレッチ

 

腰痛の原因は様々な原因がありますが、今回は「お尻」にフォーカスした内容になります。

ずっと座りっぱなしや立ったまま等の長時間同じ姿勢による筋肉の衰えや運動不足・筋肉が固くなる等でお尻周りの血行が悪くなり、それにより近くの腰の血行も悪くなって腰痛を引き起こしている可能性があります。

ご自身の腰の痛みのタイプがおへそから下の腰骨からお尻にかけての痛みがある方は1度お尻のストレッチを行ってみましょう。

 

 

【お尻のストレッチ】

❶ 椅子に座り片足のかかとを反対足の膝にかけ4の字をつくります。

❷ そのまま背筋を伸ばし、両手はかけている方の足の足首・膝に置きます。

❸ 鼻から息を吸って、口から息を吐く時に上半身を前に

倒す。(この時、頭だけ倒したり背中が丸くならない様に注意)

❹お尻の伸びを感じれたら正解です。

*椅子じゃなくても床に座って三角座りで行っても可能、その際も背筋が伸びた状態で行う

 

 

【お尻のストレッチ/寝たバージョン】

❶ 仰向けに寝て、両足を持ち上げます。片方の足の膝を曲げて反対の足にかけ4の字を作ります。

❷ 片手は曲げてる足の間に手を通し、伸ばしていた足の膝も曲げ両手でその足の膝を持ちます。(体の硬い方はもも裏を持っていただいても大丈夫です)

❸ 1度息を吸って、吐く時に自身の身体の方に足を引き寄せます。そのまま20~30秒程キープ(無理のない範囲でリラックスした状態で行いましょう) 

 

【お尻のツボ押し】

お尻の筋肉には≪内環跳/ないかんちょう≫と言うツボがかかわってきます。

ツボの位置は、腰幅に立ちお尻にギュッと力を入れてエクボみたいにへこむ部分です。

この位置をテニスボールやフォームローラー等でほぐしてあげましょう(この時、痛みを凄く感じる様なら力の配分を変えるか無理に実施実くてもいいです)