天気痛の対処と対策

頭痛やめまいの原因は天気痛

最近雨の日が多いですが、皆さんは頭痛やめまいや気怠い感じの【天気痛】になった事は、ありますか?

症状の軽い重いの違いはあると思いますが、特に女性に起こりやすい【天気痛】

 

なぜ引きおこるのかは明確な解明はされていないそうですが

 

1つの原因としては、気圧の低下による気象の変化で体調を崩される方が多いです。

これにプラス女性はPMS(月経前症候群)や更年期の症状などホルモンバランスの変動が大きく基礎体温も1~2%程約1ヵ月の間に変わるので自律神経のバランスも乱れやすいです。

 

女性以外にも起きやすい方は、繊細な気質の方やストレスなど感じた時に身体の表面などに湿疹などが出る方などは【天気痛】になりやすいとされています。

≪対処策≫

温かい飲み物を飲む:気圧によって血管が広がったり縮んだり変化するので、収縮した血管をほぐすのに温かい飲み物を飲んでみるのも一つの対処法なので身体が温まる物を取り入れてみましょう。

 

運動やストレッチを行う:血液に水分が溜まり血管が拡張することで、血管がむくんだ状態になり神経を圧迫することで頭痛が起きやすくなります。無理のない範囲でしっかり汗かける運動や、体力に自信のない方はストレッチや半身浴などでもよいでしょう。

 

≪普段からの対策≫

運動をすることで体温が上がり身体にストレスがかかった状態になるので、気象変化へのストレスを対処出来る可能性があります。また、汗をかくことで余分な水分を溜めない体作りをしておくことで予防にもなり、その他普段からのバランスの取れた食事や睡眠などのも身体の不調を起こしにくくするためにも大切になってきます。