春のダイエット縄跳び

春のダイエットといえば縄跳び

寒い日が過ぎて日中は暑いぐらいの日もありますが、朝晩は過ごしやすい気温になりました。

 

今回は薄着の季節がくる前に手軽に始められるダイエットをご紹介します。

 

「2020年の自粛期間中に少し流行った【縄跳び】」自粛期間中の小学校の体育の課題で縄跳びの項目があり、子供達だけじゃなく親御さんも一緒にされた方も多いはずです。

 

そんな縄跳びですがボクシングでは、ボクサーがリズム感や持久力・バランス感覚の向上、手首・腕・下半身の強化などに必要不可欠なトレーニングだったりするので、その跳び方も様々です。(そちらの紹介はまたいつの日か)

 

≪縄跳びの効果≫

縄跳びは全身の筋肉を使う全身運動であり、有酸素運動でもあるのでダイエットや持久力・心肺機能を高めたい方にオススメです。また縄跳びの消費カロリーは、縄跳びを10分跳んだ時⇒ジョギング30分走った時と同じぐらいなので時間のない方でも短時間で運動出来るのが魅力的です。

 

*メリット

・体幹の安定、下半身・腰周りの強化→上体を真っすぐ保ちながら跳ぶので体幹トレーニング効果、跳ぶ動作により下半身や腰の上部が鍛えられます。

・腸内環境の改善→跳ぶと言う動作により腸も刺激されるので、便秘改善に期待

・冷え性改善→全身運動なので動かすことにより、全身の血の巡りが良くなって冷え性改善に効果

・コスパ良し→今では手頃な価格で買えるものや、縄を使わないエア縄跳びと言う方法もあります。

 

*注意点

アスファルトで長時間跳び続けると膝や腰に負担がかかる恐れがあるので、跳ばれる場合は土や芝生の上などをお勧めいたします。有酸素運動にもなりますので小まめな水分補給も忘れず行いましょう。

 

無理なく楽しく運動を取り入れてみてください。