不規則な食事の改善策

不規則な食事を改善しましょう

職種や仕事内容によって規則正しい生活が送れない方はアルバイトだろうが社員だろうが沢山いらっしゃると思います。

今回は少しでも改善に繋がるように食事の見直しを振り返ってみましょう。

 

『よくある悪いパターンとして

朝 小食or食べない

お昼 (時間が無くて早食い等になる、又はしっかり食べられない)

夜 ボリュームある食事になりお酒やお菓子なども摂取』

 

≪朝食はしっかり(特にたんぱく質)食べましょう≫

上記のようなパターンだと夜に沢山食べてしまう事で翌朝お腹が空かず食べない食べられない等と凄く悪循環な状況になります。

夜に食事が用意されている方でしたら、夜に食べる量を半分等に減らし翌朝の食事にまわしましょう。朝食に卵やお肉などのたんぱく質を摂る事で体温が上がり代謝もアップされるのでダイエット中の方もしっかり朝食は食べた方がいいです。また幸せホルモン(セロトニン)が分泌されるので、腸内環境の改善や睡眠時の質が上がる等嬉しい効果が期待されます。

 

≪食べる順番≫

よく野菜や海藻類から食べるといい等聞いた事があると思いますが、繊維質のあるものから食べて頂く事によって食後の血糖値の上昇が緩やかになります。緩やかになる事で脂肪がつきにくくなります。どうしてもサラダや海藻類を摂る事が難しい場合はおかずから食べる様にしましょう。

 

≪補食をとる≫

食事と食事の間の時間が空いてしまうと下がった血糖値が急激に上昇しインスリンが分泌されることにより脂肪を蓄えようとする働きが起きるので、食事と食事の間隔は4~5時間がいいとされています。それ以上空く場合はおにぎり・ヨーグルト・果物・プロテインバー等手軽に摂れる物を補給しましょう。

 

≪晩御飯が遅い場合≫

理想は就寝3時間前までに食事を終わらせておくことが健康にもダイエットにもいいとされていますが、現実はなかなか難しかったりします。なるべく低カロリーの消化のいいものを食べる様にしましょう(揚げ物や炭水化物などは極力控えて食べたい場合は昼間までに食べる様に)低糖質のヨーグルト・お肉ならササミ・魚なら白身魚・お豆腐・野菜たっぷりのスープなど以外に食べられる食材は沢山あり我慢しなきゃいけないと思わなくてもいいかもしれません!!

また最近のコンビニの商品で低カロリー・高たんぱく・野菜たっぷり等の商品が各社出ているので上手く活用していただければと思います。

 

※人には基礎代謝と言うものがあり1日の摂取カロリーが基礎代謝より下回ってしまうと体温が下がり代謝の悪い状態になり太りやすくなるので、食べないダイエットはしないようになるだけ3食バランスよく食事を摂りましょう。