一長一短!カフェインの有用性と危険性

カフェインの危険性

コーヒー好きですか?コーラはどうですか?エナジードリンクとかどうでしょう?

カフェイン含有飲料ってなんであんなに美味しいんですかね?

 

どうもこんにちは!

僕は断然、黒コーラ派なんですが、家族は僕以外全員、赤コーラ派なので疎外感を抱いています。

 

今回はカフェインが持つ、良い作用と悪い作用についてお話していきます。

 

まずカフェインの良い作用としては、覚醒作用が挙げられます。要は目がシャキっとすることですね。眠気が吹っ飛んで、仕事なり勉強なりトレーニングなりの効率が上がります。

 

ボクシングのスパーリングなんかでも、メチャクチャ目が冴えて、相手の動きが全部見えるようになるかもしれませんよ。

 

そしてダイエットを頑張っている方にとってはこの上なく嬉しい、脂肪燃焼効果もあります。

とある研究では、カフェインを摂取すると基礎代謝が3~11%ほど向上するそうです。これは、摂取するカフェインの量に比例するのだとか。

 

でも、無糖のコーヒーかゼロカロリーのコーラ、エナドリにしないと意味ないですよ!

 

その他にも、老廃物の排出を促す利尿作用や、疲労感を抑制する興奮作用等が挙げられます。

 

続いて、悪い作用についてお話していきましょう。

 

基本的に適量(男性で最大400㎎、女性で最大300㎎程度)の摂取を心がけていれば、特に過剰摂取による弊害が表出することはありません。

ですが、大量に摂りすぎると最悪、死にます。

 

マジで死にます。

大事なことなので二回言いました。

 

実際にカフェインの大量摂取による死亡例はいくつかあります。勿論、普段から適量を心がけていれば直ぐに死亡してしまうということはありませんが、気をつけてください。

 

それと、夕方や夜間にカフェインを摂取し、ベッドに入ってもなかなか寝つけないという軽い睡眠障害に陥る危険性もあります。

 

その他、日常的にカフェインを摂取し続けることにより、動悸や息切れ、頻尿、摂取しないことによる軽い無気力状態など、慢性的なカフェイン過剰摂取による症状は日常生活に支障を及ぼします。

 

皆様もカフェインは適量を心がけて摂取してくださいね。

 

ちなみに僕は、死亡以外のカフェイン過剰摂取による症状全部に覚えがあります。

ホントに気をつけて!