行けっ!必殺『デンプシー・ロール』!

デンプシーロール

超有名ボクシング漫画『はじめの一歩』に登場する主人公・幕之内一歩の必殺技として有名な『デンプシー・ロール』。

皆さんも一度は真似したことがあるのでは?

 

こんにちは!

ヴォルグ・ザンギエフの『ホワイトファング』はマジで使えると思って、練習している今日この頃です。

 

さて、冒頭にも挙げた『デンプシー・ロール』ですが、作中でも語られている通り、実在の人物が使っていた技として本当に存在します。

 

知らない人のために説明しておくと、頭が「∞」の字を描くようにダッキング、ウェービングを繰り返し、その反動でパンチを打つという技です。

この技の脅威的なところは、ボディワークの勢いをパンチにそのまま乗せているところです。いわば助走をつけながらパンチを打っているような、強烈にして極悪な破壊力を秘めている技なのです。おまけにボディワークも込みなので、、攻防一体ときています。

 

作中でも屈指のハードパンチャー(めちゃくちゃパンチが強い人のこと)である主人公がこの技を使っており、直撃した相手は皆、悲惨な姿を晒しています。

例えば顎の骨を割られたり、眼底を骨折したりなど、想像しただけで背筋が凍りますよね。

 

『デンプシー・ロール』を実際に使っていた人物というのは、20世紀前半に活躍したヘヴィ級プロボクサーの『ジャック・デンプシー』です。

 

最重量級であるヘヴィ級においても彼の破壊力は群を抜いており、1919年にデンプシーが初めてタイトルを獲得した試合では、185㎝のデンプシーは200㎝ほどもある超大型選手を、いとも容易く3ラウンドTKOで破っています。この時の相手選手は、デンプシーの苛烈な攻撃によって顎を7か所砕かれ、肋骨や頬骨、歯を数本折られたそうです。

 

そんな情け容赦無い過激すぎるファイトスタイルと、人体を破壊し尽くさんばかりの豪腕っぷりから、彼は「マナッサの人殺し」という異名で呼ばれることになりました(彼の生まれであるコロラド州マナッサから来ている)。

 

「事実は小説よりも奇なり」と言います。

正直、『はじめの一歩』の描写の方がまだマシだ、と思うくらいに彼にまつわる逸話は暴力的です。

 

ただ、チャンピオンを冠した選手でもありますから、一度彼について調べてみるのも勉強かもしれませんよ。