足の指で地面を掴め!

足の裏で地面を掴む

皆さん、足の指って気にしたことありますか?

 

こんにちは!

足の親指の爪の裏が臭いことを知って以来、爪切りの時についつい嗅いでしまいます。

 

「足の指で地面を掴むように」

昔ながらの日本武道ではよく耳にする言葉です。

 

柔道なんかでは、足を払う際に相手の足首を足の指で引っかけていた選手もいるのだとか。

 

そんな便利な使い方もできる足指ですが、ボクシングにも活用可能です。

勿論、相手の足首に指を引っかけるのは反則ですよ。

 

踏み込む時、パンチを打つ時のように地面を蹴る動作の際に、足指で地面を掴んで弾きましょう。そうすると、いつもより鋭いステップが出来たり、いつもより速いパンチを打てるはずです。

 

なんでも足指に力を込めることでハムストリングスや大殿筋、脊柱起立筋に広背筋など、背面側の筋肉を連動させて使うことが出来るのだそうです。

 

競技力アップの他にも歩くときに足指を使う癖をつけると、さらなるカロリー消費が見込めますし、足指が鍛えられるとバランス能力も向上して転倒を防げます。

 

ちなみに、多くのアスリートが足指を鍛えるトレーニングを実行していて、有名どころで言えば、元メジャーリーガーのイチロー選手やサッカー選手として知らぬ者はいないであろう本田圭佑選手などが挙げられます。

ちなみに、先日にも取り上げた塩田剛三氏も常々、「足の親指を使いなさい」と弟子達に教えていたそうです。

 

普段あまり気にも留めていなかったであろう『足指』。

ですが、人体に無駄な機能などはありません。是非鍛えてやってくださいね。