マイク・タイソン対ジェームス・ダグラス


マイク・タイソン対ジェームス・ダグラス

最近マイク・タイソン(敬称略)の試合集のDVDを観ていました。

ご存知の通りマイク・タイソンはすごいボクサーです。

DVDは若い頃の試合からどんどん映像を流していくのですがそのほとんどがタイソンのKO勝利、それも1Rや2Rでの秒殺KOばかりで「観ていて気持ちいいマイク・タイソンの爽快なKO集」といった感じなのですがそんな流れが突如変わる試合があります。

それがマイク・タイソン対ジェームス・ダグラスの一戦です。

 

この試合は日本の東京ドームで行われた一戦で、日本のファンの誰もが、いや世界中の誰もがタイソンのKO勝利を確信していました。

しかし試合が始まるとその様相は一変します。

1R開始から常にダグラスがペースを握り、気付けばタイソンは左目を大きく腫らしています。こんなタイソンは見たことがありません。当時試合を観戦していた人は皆「おいおいどうなってるんだこれは」と思ったことでしょう。ちなみに私元海はまだ産まれていませんでした。

話を戻しましょう。

ずっとダグラスのペースでしたがしかし8Rついにタイソンの右アッパーがダグラスのあごを捉えダウン!うおお!すごい!さすがタイソンだ!!!

しかしダグラスはなんと立ち上がります!

しかもその後盛り返し、10Rにコンビネーションが決まりダグラスがタイソンをノックアウト!!!

これがタイソンの初黒星となりました。

 

タイソンはこのあたりから不祥事なども重なり人生の歯車が少しずつ狂いだしていきます。

いや、正確にはこれより前からそれは始まっていたのかもしれません。

気になる方はぜひ調べてみてくださいね。