五月病解消法

五月病のストレスの解消法

今年のGWも去年と引き続き例年と違ったGWになった方が沢山いらっしゃったと思います。

毎年この時期は五月病などで気分がすぐれない方も出てきますし今はコロナ禍の中でのストレスも合わさっているので本日は少しでも良くなるように、解消法などをご紹介します。

 

≪5月病とは≫

医学的な存在しない病名ですが、新年度(4月)における環境の変化「就職・進学・転居など」に上手く適応できず、連休明け頃から体調を崩すやすくなったり無気力になったりと言った症状が現れます。軽症の方は元の生活に適応できるでしょうが知らず知らずに重度の症状でそのまま放置をしておくと【適応障害や鬱病など】の悪化に繋がる可能性がありますので早めの対策を行いましょう。

 

≪症状≫

・やる気が出ない・食欲低下・睡眠障害・身体がすぐに疲れてしまう・物事をマイナス思考に考えてしまう等があげられます。

 

≪解消法≫

・バランスの取れた食事や美味しい物を食べる

特に必須アミノ酸のトリプトファンが含まれている物を取り入れましょう。トリプトファンを取り入れる事で幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが脳内で作られるので、精神を安定させてくれます。

含まれている食材→大豆製品・乳製品・穀類などに多く含まれています。

・生活リズムの修正

連休中や自粛などによって睡眠の時間や食事の時間が崩れてしまった方は、生活リズムを整えてみましょう。

・適度な運動

身体を使わなくなったことで、寝つきが悪くなったり食事をあまり進まないなどの原因の一つでもあるのでお散歩やをウォーキングなど始めやすい運動を取り入れましょう。

・他人と話す

今のご時世会ってお話はなかなか難しいでしょうが、リモートなどを上手く使って親しい友人・家族・同僚などにご自身の話を聞いてもらいましょう。それだけでも気分転換やストレス発散の1つとなります。

 

これらを実行してもやっぱりしんどい・つらいなどの症状が出る方は早めの受診をお勧めしますので、無理をしないようにしましょう。