プロレスは格闘技なのか?


プロレスは格闘技なのか

最初に言っておきますが私はプロレスが大好きです。

生観戦にももちろん行きますし、観に行けない試合を見逃さないために新日本プロレスワールドという試合配信アプリの有料会員にもなっていますし、CSで様々な団体の試合もチェックしています。

そして私はこのボクシング&フィットネスクラブで働いているわけですが、会員様と「プロレスは格闘技なん?ガチなん?ヤラセなん?」みたいな話になることがあります。

これは非常に難しい話題です。というのもプロレスファンの中でも人によって意見が違うのです、多分。

 

私自身のなかでの結論を言うと…

「プロレスは格闘技ではない。プロレスはプロレス」です。

 

「プロレスは最初から勝ち負けが決まっているんでしょう?」と聞かれても私は否定はしません。

もちろん団体によっても違うと思いますが勝ち負けやその後のストーリーはある程度決まっていると思います。

実際アメリカの某団体が台本の存在も認めましたしね。企業が上場する際に企業内容を公表しないといけなくてそれで認めたんですよね確か。

でも台本があろうがなかろうがどうでもいいんですよね。プロレスが面白いことに変わりはないので。

ただ、選手自身には台本があることは認めてほしくない、ガチだと言ってほしい、なぜなら選手自身にそれを認められると冷めるから、みたいな。

 

ほら、ドラマとか映画も台本あるから恋愛の話でも最終的にどうなるかは決まっているわけじゃないですか。でもその過程が楽しいですよね?最終的に主人公とヒロインがくっついても「ヤラセだ!」とは言わないでしょう?でも展開が無理矢理すぎると冷めるし。

プロレスもそんな感じです。

それで面白さを感じられるならいいと思うし、感じられないなら多分プロレスを楽しむことはできないし。

私はプロレスは面白いから観るけど、みんなが面白いと言うドラマの面白さはよく分からないからあんまり観ないし(あ、余計なこと言った)

とりあえず2021.5.4のウィル・オスプレイ対鷹木信悟めっちゃいい試合やったからぜひ観てね。