ロバート山本にボクシングで負けた男


ロバート山本とボクシング

お笑い芸人ロバートの山本博さんの知名度は非常に高いと思いますが、実はプロボクサーとしてライセンスを持ち、プロボクサーとして試合を行ったことがあるのはご存知でしょうか?

芸人になる前プロボクサーだった~ということではなく、お笑いトリオのロバートとして有名になってから運動不足解消にとボクシングを始め、テレビ番組の企画でプロボクサーを目指すこととなったのです。

そして見事プロライセンスを取得し、試合に臨みます。

 

2014年にリングネーム「ロバート山本」としてデビュー、当時の年齢は36歳でした。

そして見事4ラウンドTKO勝利!デビュー戦を見事勝利で飾ります。

その試合で対戦相手だった高橋陸選手(現:ジロリアン陸)もこの日がデビュー戦でした。

このデビュー戦こそ敗れましたがそこから這い上がりその後は連戦連勝。なんと東日本スーパーフェザー級新人王に輝き、その後も活躍を続けています(ちなみにマジシャンでもあるそうです)

 

強いボクサーというとデビューから負けなし~というイメージがあると思いますが、意外とデビュー戦では敗れているボクサーも多いそうです。

一度敗れることで悔しさを経験し、それをバネに練習に励み強くなるのでしょう。

なにごともトライ&エラーと言いますが、本気で挑戦し、失敗したらその理由を導き出して再度本気で挑戦…それが大事なんでしょうね。

 

余談ですがロバート山本さんはその後トレーナーライセンスを取得し、レフェリーのライセンス取得を目指しているそうです。