便秘の定義とは?

便秘の定義

女性の方のお悩みの1つの便秘ですが、よく聞けば便秘ではなかったり本当に強い重度の便秘だったりと様々です。そもそも【便秘の定義】というもの自体が明確にはなく国によっても違ったりしてきます。

 

≪日本での定義とされているもの≫

・日本内科学会での定義

3日以上排便が無い状態や排便しても残便感がある状態

 

・日本消化器病学会

排便困難や腹部膨満感などを伴う便通異常

 

とされています。

なので、意外にこれを見ると便秘じゃないかもと思う方もいらっしゃると思います。何日~が便秘と言うのは排便回数や排便量が個人によって様々なので明確な定義がありません。なので、大事なのは排便した際の排便の状態やスッキリしているかがポイントだと思います。残便感や硬い水分の少ない物コロコロしてる便などは、改善策が必要になってくると思います。

 

≪便秘の種類≫

・弛緩性便秘

日本人に多いとされている便秘の一種です。大腸の動きが悪くなり上手く便を押し出す事が出来ず腸に便が溜まっていく症状です。腸に便が溜まる事でガスが発生するのでお腹の張りを感じやすいです。

 

・けいれん性便秘

精神的なストレスや生活環境の変化などで起こりやすくなる便秘です。腸自体は動きは活発になっていますが名前の通りけいれんしたような動きになるので消化や吸収など腸の動きと合わず下痢なども引き起こします。

 

・直腸性便秘

肛門や直腸の異常によって便を上手く押し出せなくなっている症状、この便秘は便意を感じられないのが特徴とされています。普段から便意を感じても我慢してしまう人になりやすい症状です。直腸性便秘の方の便は我慢することで腸に長く留まってしまうので水分が奪われ硬い便が出やすいです。

 

このような感じで便秘には大きく三種類に分かれています。便秘自体の解消法はバランスの良い食事・適度な運動・睡眠・水分補給など規則正しい生活やストレスを溜めない事が大切になってきます。便秘の方は自身がどの便秘タイプか調べてそれに合った対処法を行って下さい。