梅雨時期の体調管理

梅雨時期の体調管理

梅雨時期到来の日本ですが、雨の日というだけでも気圧などの関係で頭痛などを引き起こす方もいらっしゃると思います。この時期は気圧の変動が激しいのと湿度も高かったり寒暖の差が激しいので「自律神経」が乱れやすくなります。更に季節の変わり目でもあるので梅雨明け以降の夏到来の為にも、日々の体調管理が大切になってきます。

 

≪自律神経とは≫

人の意思に関係なく働き内臓の働き・代謝・体温などをコントロールしている生命活動に欠かせない神経です。自律神経には2種類の異なる神経があり簡単に説明するとアクセルのような働きが『交感神経』ブレーキのような働きが『副交感神経』と言った役割の働きをする神経です。この二つの神経のバランスがとても重要になってきます。(理想とされているバランスは交感神経が1に対して副交感神経は1か1.5が理想とされています)

[梅雨時期はストレスが溜まりやすいので注意]

天候による気圧の変化や湿度など、様々な要因でストレスがかかることがあると思います。

ストレスがかかることで自律神経が刺激を受け交感神経が抵抗しようと活発に働き出します。この状態が続くと常に緊張状態のままなので疲れた状態や気怠さ・不安感・片頭痛など引き起こしやすくなります。

 

[改善・解消方法]

・適度な運動

身体を動かす事でストレス発散になる方もいるので、無理のない程度に運動をしましょう。

・呼吸法を取り入れる

呼吸を整えるだけでも自律神経の乱れを調節してくれます。呼吸の仕方によって交感神経を優位にさせる呼吸と副交感神経を優位にさせる呼吸があるのでご自身の状況にあったものを取り入れましょう。

・起床を少し早めて朝食をしっかり摂る

生活リズムが乱れやすいので、朝の時間はとても大事にあってくるのでこの時期だけ少し早めに起きて朝食をしっかり食べご自身が好きな曲を聞いたりなどフリータイムを作って正しい交感神経のスイッチをオンにしましょう。

・入浴

シャワーだけにならず、しっかり入浴をし血行をよくして緊張した神経をほぐしましょう。

※酷い頭痛の方は頭痛の内容によって更に悪化させてしまう可能性があるので、痛みがある方は入浴は控えましょう。

 

その他、色々なストレス発散グッズやマッサージなど対策は色々あるのでご自身にあった方法で梅雨時期を上手く乗り越えましょう。