格闘技とダンスの融合カポエイラ


格闘技とダンスのカポエイラ

その昔、ブラジルには奴隷文化が根付いていたころ、看守にバレないようにダンスのフリをして鍛えるために編み出した格闘技、それがカポエイラのルーツである。(アフリカ発祥だという説もある)

 

独特なステップを刻みながら足技中心の攻撃を繰り出すのが特徴で地面に手をついて蹴りを繰り出すなどアクロバティックな動きも多い。

手枷をつけられた状態で行っていたため足技が中心になったとも言われている。

 

このカポエイラはどちらかというと実用的な格闘技ではないという扱いをされることが多かったが、日本で大人気だったPRIDE、そしてアメリカの世界最高峰の総合格闘技団体UFCでカポエイラを取り入れ活躍したファイターが存在した。

マーカス・アウレリオというブラジルの選手である。

 

ブログなのでいろいろ凄さを文字で表現しないといけないのだが、もうとりあえず調べて動画を観てほしい(仕事放棄である)

空中殺法とでも呼ぼうか、跳び蹴りや回転蹴りなど様々なキックは凄い!というかかっこいい!いや、もはや美しい!

そう感じさせるほどのものである。

私もカポエイラを始めてみようか。まずは基本ステップの『ジンガ』からであるな。

 

余談だがポケモンのカポエラーの由来はこのカポエイラである。