RIZINでの皇治のバッティング問題


RIZINでの皇治のバッティング

6月27日に行われた『RIZIN.29』にてキックボクシングのナンナイトトーナメントが行われた。

ワンナイトトーナメント、つまり一夜で優勝者を決めるトーナメントで出場者は4人。そのため2連勝することで優勝となる。

 

まず1回戦の皇治対梅野源治で開始早々、皇治選手が間合いを詰めた際に皇治選手の頭が梅野選手の顔面を直撃し試合がストップ。

バッティング(いわゆる頭突き)はルール上有効打とはならず、故意の場合は反則行為となる。

今回は『偶然のバッティング』というジャッジが下されたが、残念ながら梅野選手は試合続行不可能となり試合はノーコンテストになった。

通常の試合ならこれで終わりなのだが今回はトーナメントのため誰が勝ちあがるのかを決める必要がある。今回は皇治選手の決勝進出が決定。梅野選手が救急搬送となったためである。

 

そんな流れで皇治選手は不本意ながら決勝進出となったわけであるが、これだけならそこまでの騒動にはなっていなかったかもしれない。

皇治選手はこの次の決勝戦で白鳥大珠選手に判定負けを喫するのだが、なんとここでもバッティングを2度もしてしまったのだ。

このせいで皇治選手は自身の評価を大きく下げると共にRIZINという団体に対しての信用にも傷がつくものとなった。

例えば皇治選手が決勝進出となったことに関してもこういうときのための『リザーバー(緊急時の代理出場選手)』を用意しておくべきではなかったのか、といった議論もされている。

 

格闘技にはあくまでルールが存在する。ルールの中で戦いどちらが勝っても爽やかに終われるような試合を観たいものである。