沢山の役割がある成長ホルモン

成長ホルモンの効果と働き

【成長ホルモン】と聞くと何となく子どもの成長期に身長が伸びるイメージがあると思いますが、実は大人になってからも沢山の役割や効果を出してくれているので、今回はこの【成長ホルモン】についてのお話になります。

 

〚成長ホルモンとは?〛

脳から指令を受け下垂体前葉の細胞の一種から分泌されるホルモンです。皆さんがご存知な子供の成長に欠かせない身長を伸ばす作用がある他、体内にある物資をエネルギーに変え肝臓や筋肉や脂肪などの色々な臓器で行われている≪代謝の手助け≫をしてくれる作用があります。

 

①脂肪を分解する働き

成長ホルモンが分泌されることによって体脂肪を分解しエネルギーとなって利用されるので、ダイエットをされている方は成長ホルモンが分泌された状態で有酸素運動をして頂くと脂肪燃焼効果が高くなります。

 

②疲労回復や免疫力等の向上

成長ホルモンには疲労や傷ついた体組織を修復・回復しようとする働きにがあるので、ケガをした時や筋トレ後の筋肉の疲労などに、成長ホルモンが細胞や体組織に働きかけ回復へと効果を発揮してくれます。また体の機能を正常に保つ事によって、病気などへの抵抗や免疫力をアップしてくれます。

 

③アンチエイジング

身体の修復や回復をしてくれる成長ホルモンですが、肌への働きもあり睡眠中に肌の新陳代謝や血行の促進によって老廃物の促しがある等、女性にとっては外せないポイントだと思うので良質な睡眠によって成長ホルモンの分泌が大切になってくるので睡眠は結構重要になります。

 

・大人になっても意外と大切な働きをしてくれる成長ホルモン、生活の中で少し意識してみてください。