格闘技で2対2のタッグマッチとかどう?


格闘技で2対2のタッグマッチ

先日の那須川天心選手が3人と連続で戦うという試合を観ていてふと思ったのだが、格闘技において2対2や3対3で「一緒に」試合をするといった試合はあるのだろうか?

早速YouTubeで調べてみると、プロではないアマチュアのイベントだと思うがそれっぽいものもいくつか出てきた。

雰囲気的には2対2というより1対1を2つ同時に1つのリングで行っているという感じでレフェリーも2人いる。

どちらかの1人が負けた時点で2対1となるのでもうそこからはボッコボコである。

 

私の考えた2対2はこれとは少し違ってプロレス形式のタッグマッチだ。

プロレスでは2対2から5対5などのタッグマッチが日常的に行われている。

「5対5ってまずそれ全員リングに入れないだろ!」と思うかもしれないがそもそもプロレスルールのタッグマッチは全員一緒に戦うのではなく試合権利があるのはお互い1人ずつなのだ。

つまり2対2や5対5でも基本的には1対1で試合をし、他の選手はセコンド(リングの外)にいる。そして不利になったりするとセコンドにいる仲間とタッチして入れ替わる。

入れ替わる回数に制限はないが入れ替わるのにはタッチが必要で、試合権利の無い選手が相手を倒しても勝利は認められない。

 

このルールであれば集団でもみくちゃのケンカみたいにもならないし入れ替わるタイミングにも戦略が表れてなかなか面白いのではないだろうか?

 

 

ちなみに補足だが「プロレスでも2対1で協力して戦ったりしているのを見たことあるよ」という人もいると思う。

上手く言えないが、プロレスとはそういうものだということでなんとか察してほしい。