スポーツ観戦のマナーについて


スポーツ観戦のマナー

どんなスポーツでも観客・ファンの応援が選手の力になる、大会を盛り上げるということは少なからずあります。

しかし一方で、観客のマナー違反により逆に大会の妨げになってしまうこともあります。

 

つい最近ツール・ド・フランスという世界最大のサイクルロードレースの大会が行われた。

約3週間で3,500kmを走破するという超過酷レースなのだが初日から大事故が起きた。

ツールドフランスは沿道で観客が声援を送ることが出来る。日本でいう駅伝などを想像してもらうとわかりやすいだろう。

 

レースが開始されるとしばらくは選手たちは密集しており、徐々にそれぞれの距離が開いていく。

まだ選手たちが密集して並走しているとき、とある1人の観客がカメラに向かってプラカードを掲げていた。

おそらく目立ちたいのであろう、選手ではなくカメラに向かってプラカードを掲げている。

そして後ろから自転車に乗った選手たちが来るのだが観客はそれに気づいていない。

プラカードを持った観客はそのまま選手と激突。選手はそのまま落車し、さらにその後ろの選手たち数十人を巻き込む前代未聞の大クラッシュとなってしまった。

 

これ以外にも例えば駅伝でファンが撮影に夢中になるあまり選手の邪魔をしてしまったり、野球やサッカーで物が投げ込まれることもある。

ボクシングやプロレスで観客がリング上に乱入…はさすがに最近は無くなったが。

もちろんファン・観客あってのスポーツなのだが最低限のマナーはわきまえてほしいと強く思う。