ボクシング漫画おすすめ

ボクシング漫画のおすすめ

ボクシングを主題に据えた創作物はたくさんありますよね。

 

その中には読む人の心を強く動かし、時には「俺もボクシングやってみたい!」なんて気にさせる名作があります。

僕もそれでボクシングを始めたクチです。

 

今回はボクシング好きなら読んでおくべき『ボクシング漫画おすすめ』を5つ紹介いたします!

はじめの一歩

はじめの一歩

まず一つ目のおすすめは『はじめの一歩』です。

言わずと知れたボクシング漫画の代表作といえばこれ。

 

1989年から週刊少年マガジンで連載を開始しており、なんと現在まで続いているご長寿漫画となっています。

巻数は120巻を超えるほど。

 

イジメられっ子だった主人公がボクシングと出会い、ひたむきに努力を重ねていき、幾人ものライバルたちと死闘を繰り広げる……という内容となっています。

 

死に物狂いに努力し続けることの大切さを学ばせてくれるこの漫画は、世代を超えて愛されている名作であります。

 

この漫画を通してボクシングを知ったという方も多いのではないでしょうか。

何なら『はじめの一歩』がキッカケとなってボクシングのプロ選手になった方もいらっしゃるくらいでしょう。

 

ちなみに僕のベストバウトは、鷹村さんVSゴールデン・イーグル戦です。

グラップラー刃牙

グラップラー刃牙

そして二つ目のおすすめは『グラップラー刃牙』シリーズです。

僕的には男性知名度100%、女性知名度2%くらいに偏る漫画だと思っています。

 

1991年から週刊少年チャンピオンにて連載されているこれまたご長寿漫画ですね。

 

「地上最強の生物」と呼ばれる父(アメリカはこの人物たった一人に対して友好関係を結んでいる)を倒すため、主人公は様々な強敵に立ち向かい『強さ』の頂点を目指していくという内容となっています。

 

正直なところボクシング漫画として紹介するにはボクシング要素が薄く、無理がある様に感じられる漫画ですが、ボクシングに限らない格闘技全般に通ずる魅力がこの漫画にはあります。

 

作者の格闘哲学が前面に押し出されたこの漫画は、他とはまた違った視点から腕っ節的な意味での『強さ』を独特な魅力で描いており、格闘の道を志す人には是非読んでいただきたい漫画となっています。

ライスショルダー

ライスショルダー

三つ目のおすすめは『ライスショルダー』です。

これ結構おすすめです。

 

当作品は、2007年から2013年までモーニングという漫画雑誌にて連載されていました(全18巻)。

 

岩手県のとある田舎町に住む主人公の女の子には、圧倒的な体格と腕力があった。なんと地元の相撲大会で男性陣を押し退けて優勝、横綱の地位を築くまでに。主人公はその才能を活かして女子ボクシング界に殴りこむ、といった内容です。

 

当作品はボクシング漫画の中でも異例の女子ボクシングに焦点を当てた漫画であり、その女子ボクシングに焦点を当てた漫画の中でも特に異例な女子ヘビー級にフォーカスした漫画となっています。

まさに異例中の異例ですね。

 

それにただ設定が珍しいだけではなく、実際に日本女子プロボクシング界が抱えている問題にも触れていたりと、かなり現実に即したネタが含まれていたりもします。

 

コメディ調の軽快な展開も魅力的で、女子ボクシングにあまり興味が無い方にもおすすめの漫画ですよ。

リングにかけろ

リングにかけろ

四つ目のおすすめは『リングにかけろ』です。

もしかすると好き嫌いの分かれる漫画かもしれません。

 

1977年から1981年まで週刊少年ジャンプにて連載されていました。

実はこの『リングにかけろ』の作者は、『男坂』や『聖闘士星矢』を手掛けた方でもあります。

 

主人公は気弱な少年。だが、プロボクサーだった亡き父の遺志を受け継ぎ、姉の教えに従って世界チャンピオンの座を勝ち取るべく努力していく、という内容の漫画作品となっております。

 

当作品の序盤は王道のスポ根漫画といった内容で、特にこれと言って変わった部分も無かったのですが、物語の途中から様相が変わってきます。

 

なんと登場人物たちがドラゴンボールさながらの必殺技を放ち始めるのです。

あるいはキン肉マンシリーズに登場する『超人』的とでも言うべきなのでしょうか。

 

あまりに現実のボクシングと乖離した演出がウケる方もいれば、あまりハマらない方もいらっしゃるのでそこは注意かもしれません。

 

ですが、現実離れした内容こそが当作品の魅力なので、一度は手に取って読んでいただきたいですね。

人間処刑台

人間処刑台

そして最後に紹介いたしますおすすめは『人間処刑台』です。

なんだか物騒なタイトルですね。

 

一応、ホラージャンルに属しているらしいのですが、全然怖くないので安心してください。

 

当作品を執筆したのは大石圭という方で、伝説的ジャパニーズホラー傑作である『呪怨』も手掛けております。

 

ええ、そうなんです。

「おすすめボクシング漫画」というタイトルを銘打っておきながら、今回紹介する『人間処刑台』は小説なんです。

ごめんなさい。

 

ですが、どうしてもおすすめしたいので紹介いたします。

強行します。

 

地位も名誉もお金も要らない。ただ一つだけ、「強さを証明したい」という欲望に取り憑かれた者たちによるアンダーグラウンドでの格闘ドラマは、惨たらしくも美しく、活字のみでも圧倒される強烈な世界観が魅力的な作品です。

 

当作品に登場する人物は元プロレスラーであったり元総合格闘家であったり空手家であったりなど様々な経歴を持っていますが、主人公は元プロボクサーです。

そのボクシングの経験や技量を活かして戦う様は小説でありながら、映画でも見ているかのような臨場感に満ち満ちています。

 

文学青年(自称)の僕ではありますが、当作品ほど「格闘技がしたい!」と思わせるような作品には出会ったことがありません。

グロテスク、性的な表現が含まれていますので、苦手でない方は是非読んでみてください。

あとがき

今回、僕が紹介する作品は以上の5つだけでしたが、上記の作品以外で「俺はコレでボクシングが好きになった!」という株玉の一冊がある方は、僕にも教えて下さいね!