シャドーボクシング

シャドーボクシングはミット打ちの前にウォーミングアップとして行うことがおおいです。

鏡を見ながら自分のボクシングのフォームをチェックしたり目の前に相手がいることを想像しながらパンチを打ったりよけたりします。

 

とはいえ何をやればいいのかわからない。

一人で鏡の前でやるのは恥ずかしいといった気持ちがある人が多いのでシャドーボクシングをすることによるメリットについてお答えします。

シャドーボクシングの鏡

シャドーボクシングのメリット

ボクシングが上手くなるにはやはりシャドーボクシングはかかせません。

また短時間で脂肪燃焼の効果を上げるメリットがあります。

それはミット打ちの前にしっかりと全身を動かすシャドーボクシングをすることで筋温が温まり活動の準備が高まることで有酸素運動の時間がより有効に行えるからです。

更には運動が終えた後も脂肪を燃やし続ける事が可能になります。

たったの3分で?と思われるかもしれませんが、実際にシャドーボクシングの後でミット打ちをしてみたら驚く程の全身の熱代謝が感じられるでしょう!

チェックポイント

シャドーボクシングの良いところは鏡を見ながら出来ることです。

ミット打ちでは自分のやっている姿が見えません。

自分では上手く出来ているつもりでも、鏡で自分のやっている姿を見ると『ガードの高さ』や『打ち方が』思っていたのと全然違っていることがあります。

ミット打ちの際に言われたアドバイスなどを思い出してチェックしてみましょう。


シャドーボクシングやり方

最初のうちはトレーナーと一緒にリングに上がる前に鏡の前でシャドーボクシングを行いフォームのチェックや手足の使い方の基本を教わります。

 

自己流で間違ったフォームで行ってしまいますと下半身や体幹が使えなくなってしまいます。

ダイエットの為にもしっかりとしたパンチの打ち方を覚えましょう!


慣れてきたらチャレンジ

基本の動きを覚えてきたらフックやボディ、アッパーなどを交えたコンビネーションパンチにもチャレンジしてさらにはディフェンスといった具合で少しづつレベルアップしていきます。

 

更にレベルを上げたい方は『スピード』を意識したシャドーボクシングを行ってみましょう!

理由としては人間は「スピードを身体が覚えてしまう」という性質があります。

同じ原理で野球の『素振り』なども重いバットで振るよりもむしろ普段より軽いバットを振るほうがスイングスピードが早くなります。

そのため、シャドーボクシングではミット打ちやサンドバッグ打ちよりも早いスピードを意識しましょう!


あとがき

最初はシャドーボクシング恥ずかしくて出来ないと思うかもしれませんが、シャドーはボクシングが上達する一番の近道です。

わからないことやフォームの確認などトレーナーにいつでも聞いてください。

恥ずかしがらずに一緒に頑張りましょう!!