練習内容に応じたボクシンググローブの選び方


ボクシンググローブ 選び方

ボクシンググローブに関してですが、ミット打ちやサンドバッグ打ちなどの打ち込み練習を行う場合、スパーリングなどの実戦練習などを行う場合で適したボクシンググローブは変わってきます。

今回は練習内容に応じたボクシンググローブの選び方をお話していきます。

 

①紐タイプ・マジックテープタイプ

プロの試合などでは基本的に紐タイプですが、自分1人で装着することができないため、練習ではマジックテープタイプをオススメします。

 

②オンス

ボクシンググローブは8~16オンスの物があります。

オンスとは重さの単位で1オンスあたり約28g、つまり8オンスだと約227g、16オンスだと約454gとなります。

メーカー差はありますが、必然的に16オンスの方がサイズも大きくなりますね。

 

オンスの選び方ですが、まずミット打ちやサンドバッグ打ちの際は8オンスか10オンスの物をオススメします。

プロの試合ではスーパーライト級(63.503kg)までが8オンス、それより上のウェルター級から10オンスのグローブを使用します。

その為練習の際も自分の階級に応じた物を使用します。

 

次にスパーリングの場合です。

スパーリングの際は自身の階級に関わらず12~16オンスのグローブを使用します。

ボクシンググローブは基本的に重い方がパンチ力は弱まります。

重いほうがパンチのスピードが落ちますし、グローブの中の綿の量も増えて衝撃も和らぎます。

練習ではなるべくケガやダメージの蓄積は避けたいため12オンス以上の物を使用しましょう。

また、破れなどがあるグローブの使用は控えましょう。

破れなどがあると、顔や身体にパンチが当たった際に切れてケガをしてしまいます。