【ボクシング】反則行為について


ボクシングの反則行為

ボクシングには反則行為、つまりやってはいけないことがあります。

これを繰り返すと減点か最悪の場合反則負けとなってしまいます。

 

【ローブロー】

テレビを観ていると男性の下腹部に攻撃が当たったときにローブローと言うイメージですが、正確にはベルトラインより下への攻撃はすべてローブローとなります。

つまり太ももや膝に向かって攻撃をした場合もローブローということですね。

 

【バッティング】

頭が相手に当たってしまった場合によく使われる、いわゆる頭突き。

頭だけでなく肩や肘、膝が当たるのも反則となる。

頭が目に当たるとまぶたが切れてしまいやすく、出血が止まらなければドクターストップとなってしまいます。

ちなみにその際の試合判定ですが、出血が有効打によるものならTKO、バッティングなど反則によるものの場合は試合の前半ならドロー・後半なら判定決着となります。

ただしバッティングが偶然ではなく悪質なものと判断された場合は反則負けとなることもあります。

 

他にもサミング(目つぶし)や後頭部への攻撃、タックルや投げは禁止など細かい反則はいろいろありますが、故意でなくとも偶然起こることも多いのは上記の2つでしょうか。

正々堂々、スポーツマンシップにのっとって戦いましょう!