【ボクシング】実は世界一歴史のある格闘技だった?

ボクシングは歴史のある格闘技

ボクシングが実はもの凄く歴史のある格闘技だったというのはご存知でしたか?

 

歴史のある格闘技や武道と言って思い浮かべるのは、空手や柔道なんかだと思います。諸説ありますが、空手の歴史は大体600年ちょっと、柔道は140年ほどです。

そして、空手や柔道を含むアジア圏の格闘技・武術の元祖と言われているのが、インドのカラリパヤットという武術です。詳細な年代は分かっていませんが、一説によると2000年以上もの歴史があるのだとか(実はあの”ブッダ”もカラリパヤットの達人だった説もあるそうです)。

 

ただ、ボクシングの歴史はそれらを軽く凌駕します。

 

その起源はなんと、紀元前4000~3000年頃というとんでもない歴史があったのです。

 

出来た当初は戦場格闘技として、現在のルールとはかけ離れたボクシングだったのですが、紀元前600年頃になってくると、古代ギリシャでオリンピックの正式種目として採用されていたそうです。ただ、その当時のボクシングは素手で、なおかつレスリングの要素も組み込まれていたMMA(総合格闘技)ルールでした。

 

現在のルールの基礎が出来上がったのは1800年代中期頃で、ラウンド制やグローブ着用という現在のルールとほど近い取り決めが制定されたのです。ちなみにこのルールの名前を「クィーンズベリー・ルール」と呼びます。

 

何千年もの時を経て、現代に受け継がれてきたボクシングの最先端に私たちは立っていると思うと、何だかワクワクしてきませんか?