キックボクシングで流行のカーフキック


最近キックボクシングや総合格闘技(MMA)でカーフキックが流行しています。

そのきっかけはやはり昨年大晦日に行われた堀口恭司選手対朝倉海選手の試合でしょう。

 

序盤から堀口恭司選手の右カーフキックが朝倉海選手の前脚(オーソドックススタイルなので左脚)に何発か入って動けなくなりそのままパンチでKOという展開でした。

前回の試合では朝倉海選手が堀口恭司選手にKO勝利していたということもありなかなか衝撃的な展開だったのではないでしょうか。

そして同時に「カーフキック」という技が広がるきっかけにもなりました。

 

カーフキックとはなんなのか?

まずローキックとの違いですが、ローキックは基本的に膝から上を蹴ります。

ローキックを何発ももらって太ももが真っ赤に腫れている選手を見たことがあると思います。

 

対してカーフキックですが、カーフは英語でふくらはぎのことで文字通り膝下のふくらはぎ付近を蹴るキックのことを言います。

なぜふくらはぎを蹴られると効くかというと、まず単純に筋肉も脂肪も太ももより少ないため衝撃を吸収しにくいです。

さらにふくらはぎの筋肉は踏ん張る際に非常に重要になりますがここにダメージがあるとしっかり踏ん張れず、フットワークは失われ強いパンチ・キックも打てなくなります。

 

右ストレートを打つ際の体重が乗った左脚にカーフキックを蹴ると衝撃を逃せないので非常に有効です。

これだけ流行すると対策もみんなが練習するようになると思いますがそれを踏まえたうえでの戦略も必要になってくるでしょうね。