ボクシングのサンドバッグの中身


ボクシングのサンドバッグの中身

ボクシングで使うサンドバッグってありますよね。

天井からぶら下がっていてパンチしたりキックしたりできるアレです。

あれの中身ってなにが入っているんだろう?そう思ったことはありませんか?

サンドバッグを直訳すると「砂の袋」なんだからもちろん砂が入ってるんじゃないの?と思いがちですが、中にはウレタンや布切れが入っていて実は砂は入っていません。

 

まあこれはなんとなく察していた方は多いのかもしれません。

本当に砂が入っている割には軽い気がするし、もし破れたら大変だし。(漫画などではそういうシーンも観たことある気もしますが)

 

じゃあなんでサンドバッグって言うんだろう?

 

実はサンドバッグという呼び方は、日本でもボクシングが伝わりだしたときに袋になにを詰めたらいいか分からずにとりあえず砂を詰めて使っていたというのが発祥とのこと。

そう、勘のいい方は気付いたと思うが、海外では砂を入れるという文化はそもそも存在しない。つまり「サンドバッグ」という言葉は日本にしか存在しない和製英語なのである。

海外に行ってサンドバッグを探しても伝わらないから注意しよう!

ちなみに英語圏ではパンチングバッグというらしい。