格闘家の『観る』能力がスゴい!

格闘家の観る能力

日本一有名なプロ野球選手としてお馴染み、元メジャーリーガーのイチロー選手は、卓越した動体視力を持っています。

 

とある動体視力テストにて、コンピューターの画面にわずか0.1秒だけ表示される8桁の数字を答えるというテストを行ったところ、平均の正解数が大体4桁ほどだったのに対し、イチロー選手はなんと連続で6桁から7桁の数字を言い当て続けたそうです。

 

こんにちは!

動体視力には多少自信はあるものの、シンプルな視力は衰えてきており、最近は眉間にしわを寄せてものを見る癖がついています。

 

アスリートが一般人と一線を画す能力は多々ありますが、その中でも『観る』能力については天と地ほどの差があります。

 

さらに、格闘家はアスリートの中でも格別に『観る』能力に優れています。

 

そんな格闘家でも特に動体視力に秀でていた選手として、『ザ・グレーテスト』という異名でも知られている、ボクシング元世界ヘヴィ級チャンピオンのモハメド・アリ氏が挙げられます。

 

彼のスタイルは「蝶のように舞い、蜂のように刺す(Float like a butterfly, sting like a bee)」という、ヘヴィ級とは思えない軽やかなフットワークとハンドスピードで世界チャンピオンに君臨し、一世を風靡しました。

 

彼の動画はYouTubeにも挙げられていますが、卓越した動体視力と反射神経を持っているのが一目で分かります。

 

相手選手の獣のような連撃を、まるで柳の枝葉のようにいなし、躱し、難なくカウンターをヒットさせています。

『観る』能力に関しては、歴代最高レベルを誇るボクサーと言って間違いないでしょう。

 

そして、さらにスゴいのは、塩田剛三氏です。

あまり、この名前を聞いた事の無い人も多いかもしれませんね。

 

彼は『格闘技の神様』とも呼ばれた最高峰の格闘家で、合気道を極めた人物と言っても過言ではない方です。

あの『グラップラー刃牙』シリーズに登場する、渋川剛気のモデルにもなっています。

 

彼の『観る』能力を象徴する有名なエピソードがあります。

 

彼は反射神経を鍛える為に8年間、金魚鉢を叩き、それに驚いた金魚の動きに反応して自らも動くという訓練を欠かさず行ってきました。

そんなある日、彼は車に轢かれそうになります。死角から車が飛び出してきて、あわや衝突というところでしたが、彼は無事でした。

 

なんと彼は超人的な反射神経で、車体の上に乗っていたのです。

 

勿論、塩田剛三氏もモハメド・アリ氏も、膨大な積み重ねの上に手に入れた境地なのでしょうが、一般人からしてみると、もはや予知能力でもあるんじゃないかと思ってしまうレベルの能力。

いったい彼らの目には、どんな景色が映っているのか気になるばかりです。