前蹴りを蹴ってみよう!

前蹴りの技術

ムエタイやキックボクシングなどにおいて、ミドルキックやローキックよりも重要な蹴り技が存在しています。

 

それは『前蹴り』です。

 

前蹴りは相手との蹴りを離したり、牽制する際によく使われる技です。

特にムエタイ選手なんかがこの技術が特に巧みで、過去には日本のキックボクサーも前蹴りだけで試合の主導権を握っていたこともあるくらいです。

 

そんな前蹴りは、簡単そうに見えて実は奥の深い技術なのです。

 

まず先ほども言った通り、基本的には相手との距離を離す為に使われることが多いのですが、試合の流れを掴むのには超重要な蹴りです。

 

例えば、相手がミドルキックやパンチを打つために踏み込んできたところを、タイミング良く前蹴りを打つ。それだけで相手のリズムを崩すことが出来ます。ジャストなタイミングで打つと、そのまま相手が転けることだってありますよ。

一撃のダメージはそこまで高くはありませんが、多くをもらうとかなりのダメージが足腰に溜まります。そのため、相手からしてみると、攻め入ることを躊躇ってしまいがちになるため、試合の主導権を握るのには絶好の技として多用できるのです。

 

そんな前蹴りですが、前足底と呼ばれる部位で蹴ることが基本となります。

前足底とは、背伸びをしたときに地面を押している爪先寄りの足裏の部位です。

 

ここで相手のボディを押すようにして蹴ることで、相手との距離を支配します。当てる部位によっては、強烈なダメージ与えることも可能です。この蹴りのことを『三日月蹴り』とも呼びますが、それの説明はまた別の機会に。

 

この前蹴りをマスターすることで、キックボクシングの実力はメキメキ伸びてくると言っても過言ではありません。

あまり大きな声では言えませんが、僕の先生は、ストリートファイトは前蹴りだけで勝てると仰っていたくらいです。

 

「前蹴りを極めた!」

なんてお思いでしたら、是非一度、スパーリングしてみませんか?