ボクシング『前田稔輝』選手!

日本拳法ボクサー前田稔輝

新人ボクサーの登竜門、『ボクシング全日本新人王決定戦』にて、2019年度王者に輝いた選手をご存知ですか?

 

その名は前田稔輝選手。

抜群な知名度を誇る選手ではありませんが、日本拳法という武道をバックボーンに持つ拳法家ボクサーなのです!

 

こんにちは!

「色んな技が出来たら最強じゃね?」という思考から、様々な格闘技の本で勉強しています。合気道とか中国拳法とか。

 

前田稔輝選手は2019年の全日本新人王戦にて、あの亀田三兄弟の従兄弟である亀田京之介選手を破り、新人王に輝いた新進気鋭のボクサーです。

 

彼は幼い頃から日本拳法の修練に励んでおり、日本拳法の選手としては大学生まで現役でした。

 

彼のスゴいところは、パンチやキックに加えて組み技まで認められる日本拳法において、ほぼパンチのみで勝利してきたところです。

 

これは同じ格闘技である競技者である人間からしてみれば、とんでもなく挑戦的なスタイルだと驚きを禁じ得ないはずです。

 

日本拳法は技の多様性もさることながら、体重による階級制も採られていません。なので、様々な場面を想定して多種多様な技を身につけるのが一般的です。

 

そんな日本拳法において、彼はパンチだけで戦い、数々のタイトルを手にしてきました。

 

そんな彼がプロボクサーになった際は、関西日本拳法界は大いに沸きました。

日本拳法から他の格闘技に転向した例は少なくありませんが、プロボクサーとなった話はあまり聞かないからです。

 

YouTubeなどでも、彼のボクシングの試合、日本拳法の試合を見られるはずです。

 

日本拳法で培われた高速の踏み込み、抜群の距離感、当て勘は新人とは思えない完成度です。

 

私事なのですが、直接ではないにしろ前田稔輝選手は私の先輩に当たります。彼の日本拳法現役時代から試合を観ては、あまりの速度と当て勘に感嘆の溜め息を吐いたものです。

 

そんな前田稔輝選手、いえ、先輩の応援をどうかよろしくお願いします!