ボクサー目線で考察、キックポケモンサワムラー


キックポケモンサワムラー

前回ボクシングポケモンとしてエビワラーの紹介をしたが今回はキックをメインとして戦うサワムラーについて解説する。

名前の由来はキックの鬼こと沢村忠さんである。

 

体格は身長が150cmで体重が49.8kgということで体重はエビワラーとほとんど変わらず階級も同じフライ級。身長はなぜかエビワラーより10cm高いがそれでもフライ級の平均と比べるとかなり低い。

 

エビワラーについて考察した際はその身長の低さからリーチも短いと考えられフライ級で戦うには不利なんじゃないかと感じたが、サワムラーにはリーチの短さを感じさせないある特徴がある。

それはなんと脚を最大3mも伸ばせるのである。これは非常に大きい。

 

格闘技において間合いは非常に大事で、自分の攻撃が当たる距離と相手の攻撃が当たる距離を常に考えながら動くのだが、相手のキックが3m伸びてくるとなると相当厳しい。

距離を取っても常にこっちの攻撃は当たらないがサワムラーはキックを余裕で当ててくるのだ。

そうなると接近戦を挑むしかないが、サワムラーの攻撃力はエビワラーの105を超える120で「かわらわり」「メガトンパンチ」「マッハパンチ」などの技も覚える為接近戦が苦手ということもなさそうだ。

エビワラーの「ほのおのぱんち」のような特殊な技は無いが、リーチの弱点がないため非常に強いと思われる。