アマチュアボクシング最強はキューバ?


アマチュアボクシング最強はキューバ

プロボクシングが強い国というとアメリカやイギリス、メキシコ、タイ、フィリピンなどが挙げられます。

それではアマチュアボクシングはどうでしょう?

オリンピックでのボクシングのメダル獲得数を見ると、1位はアメリカの114個ですが、2位はキューバの73個です。ちなみに日本は5個なのでキューバのメダルの多さも分かるでしょう。

 

しかし「キューバのプロボクサーと言えば?」と言われてもあまりパっとは出てきませんよね。

アメリカならマイク・タイソン!フィリピンならパッキャオ!とパっと出てくるのですが、これだけボクシングが強いのにキューバのボクサーが有名でないのはなぜなのでしょう?

 

実は答えは簡単で『キューバではプロスポーツ制度が廃止されている』からです。

つまりいくら強くてもキューバではプロボクサーになることはできないので、世界チャンピオンに挑戦したりといったことも出来ないのです。

野球などで『キューバは最強のアマチュアチーム』と呼ばれるのもプロが存在しないからです。

 

しかし最近キューバで問題になっているのが『亡命』です。

キューバでアマチュア選手としていくら実績を残しても、例えばメイウェザー選手のように1試合で100億円稼ぐといったことはできません。キューバでスポーツ選手は公務員扱いなので、平均よりはいい暮らしができるかなー程度です。

その為キューバを出て海外に逃れる『亡命』をして一攫千金を狙うスポーツ選手が後を絶たないのです。

 

ボクシングにおいてもユリオルキス・ガンボア選手やギレルモ・リゴンドウ選手など、亡命したあと世界チャンピオンになった選手も存在します。

他にももしかしたら「プロになれていたらすごいチャンピオンになっていたのになあ」という選手が存在したのかもしれませんね。