女子必見!ボクシングの習い事を始める前に

ボクシングをする女性

最近、習い事としてボクシングを始める女性、いわゆるボクシング女子がふえています。

みなさんもSNSなどで女優さんやファッションモデルの方がボクシングやキックボクシングなどの格闘技をしている映像を観たことがありませんか?

スタイルの良い女性の間では習い事としてボクシングが人気のスポーツになっています。

女子の習い事にボクシング

今回の記事では

 

・なぜスタイルのいい人はみんなボクシングを習い事にしているのか?習い事としてボクシングをするメリット

・習い事としてボクシングを始めるならなにを用意すればいい?

準備するべき服装や道具について

・ボクシングジムっていっぱいあってどこにしたらいいのか分からない!

女性におすすめのボクシングジムの選び方

 

といった内容でお話していきます。

女子がボクシングをするメリット

格闘技は男性がするものというイメージも強いですが、前述のとおり最近は女性のモデルの方なども習い事として格闘技を取り入れている方は多いです。

女性が習い事としてボクシングやキックボクシングをするメリットはなんなのでしょうか?

みんなが憧れている女性がこぞってやっているんだからなにか大きな理由があるはず!

ダイエット効果バツグン

なんといってもボクシングはダイエット効果がバツグンです。

ダイエット・ボディメイクをしたい女性にもってこいな理由がたくさんあります。

まずボクシングは全身運動ですので、上半身も下半身も全体的に引き締めることができます。

他の有酸素運動と比べても、例えばマラソンなどの場合は30分~と長い時間行わないとなかなか効果は出ません。

ある程度走らないと汗もなかなかかきませんし、そもそも走るのは続かなかった経験をお持ちの女性の方も多いのではないでしょうか。

しかしボクシングならものの10分程度で汗だくになります。

それだけ運動効果・ダイエット効果が高いということですね。

ボクシングのミット打ちならトレーナーと一緒に楽しく行えるので、1人で黙々とやるのが苦手な女性にもおすすめです。

美容・健康に良い

ボクシングでしっかり汗をかくことで不要な老廃物を身体から外に出して、デトックス効果も期待出来ます。

夜もぐっすり眠れるので不眠症に悩む女性にもいいですね。

また、ふだんからデスクワークなどで身体が凝り固まっている方はボクシングで身体を動かすことでコリもほぐれます。

血流も良くなるので冷え性の女性にもおすすめです。

習い事としてボクシングを始めてからこういった悩みから解放されたという女性も多いです。

ストレス解消できる

最近仕事でのストレスが…という女性も多いのでは?

でもどれだけストレスが溜まっていても、なにかをおもいっきり殴ってストレス発散!とはなかなかいきませんよね。

いや、ひとつだけ実現できる習い事がありました。

ボクシングならミット打ちやサンドバッグで思いっきりパンチができます。

大きい声では言えませんが、嫌な上司の顔を思い浮かべて全力でパンチするとなかなか爽快ですよ(笑)

万が一のときの護身術として

ボクシングをすると心身ともに強くなれます。

女性の場合仕事帰りの暗い道などで怖い思いをすることもあるかと思いますが、そんなときに撃退方法が分かっていれば危険も回避することができますよね。

個人的には逃げるのが一番だと思いますが、ふだんから習い事としてボクシングをしていれば冷静にその判断ができます。

習い事というのは継続してそれを行っているということです。

習慣的にボクシングを習い事として行っていれば筋力と体力もどんどんついてきます。

ボクシングで走る筋力と体力がついていれば危険を回避できる可能性も上がりそうです。

非日常空間が楽しめる

おもいっきりパンチができる、キックができる、これって日常ではなかなか味わえない感覚ですよね。

仕事やプライベートで嫌なことがあっても、ボクシングジムに行けばそんなことは忘れて没頭することができます。

そんな時間があれば気持ちの切り替えもできて、人生がより豊かなものになりますよ。

ボクシングの習い事をする不安

女性が習い事としてボクシングをするメリットをズラッと挙げさせていただきましたが

「メリットは分かったけどやっぱり習い事としてボクシングを始めるにはまだちょっと不安が…」

という女性も多いと思います。

そんなお悩みにお答えしていきますね。

運動得意じゃないと難しそう

確かに運動系の習い事のなかでも普通に筋トレするのと比べてボクシングは難しそうに感じますよね。

しっかりとトレーナーが教えてくれるところなら、あなたの運動能力や体力レベルに合わせてメニューを組んでくれますよ。

やったことないから恥ずかしい

ボクシング経験のある女性は少ないので、やはり慣れないうちは恥ずかしいですよね。

周りから「あの子ヘタだな」とか思われてないかな?って不安になるのも分かります。

ですがご安心ください。

周りにいるベテラン達も最初はみんなあなたと同じ初心者だったんですから。

真剣にやっている人を笑う人なんていませんよ。

男性が多くて行きにくそう

女性にとって通いやすいのはやっぱり女性が多い場所ですよね。

これはもう店舗によっても女性の割合は違うので、実際に見学や体験に行って雰囲気を見てみるといいでしょう。

女子のボクシングの服装

ボクシングの習い事を始めるとき、女性の場合どんな服装が適しているのでしょうか?

女性用やボクシング用といったものは特にありませんが、基本的には動きやすく吸汗性・速乾性に優れたものをおすすめします。

運動用ではないTシャツでもいいのですが、汗をかくと不快感を感じますし動きにくくなってしまいます。

 

キックも行う場合はボトムスは違和感なく脚を上げれるものがいいでしょう。

最近はオシャレなレギンスタイプのものを履いている女性をよく見かけますね。

レギンスのみが恥ずかしい女性の方は丈が長めのTシャツを着たり、レギンスの上からショートパンツを着用したりされています。

ボクシングに必要な道具

ボクシング用品は数多くありますが、ボクシンググローブなどは無料でレンタルがあるジムがほとんどです。

ですが衛生面などが気になる場合はマイグローブを用意すると良いでしょう。

 

初心者の方なら最低限として運動出来るウェアさえあれば気軽に始めることができます。

 

 

レンタルがあるもの

・ボクシンググローブ

だいたいのボクシングジムにレンタルがありますが、自分で用意するのも良いでしょう。

 

店舗によってはレンタルがあるもの

・ウェア

・シューズ

キックボクシングジムではシューズは履かず裸足で行える場所が多いですね。

 

レンタルがないもの

・バンテージ

ボクシンググローブの下に装着することで拳や手首をパンチの衝撃から守ってくれます。

女性の場合、男性と比べると指も細いのでパンチすると手が痛いことも。

必須ではありませんが、用意しておくのをおすすめします。

・マウスピース

歯を守るマウスピースですが、試合や実戦練習に興味がない女性の場合は必要ないでしょう。

ボクシングジムの選び方

最後にボクシングジムの選び方です。

ここが一番重要なポイントですね。

選ぶ際のポイントをご紹介します。

結論として一番良いのは「あなたが続けられそうなジム」です。

 

◎女性が多く雰囲気もいい

やはり男性ばかりではなく女性も一定数在籍しているほうが通いやすいですよね。

男性ばかりで汗臭い感じだと少し抵抗がありますよね。

最近は女性向けにキレイなシャワー室やパウダールームを完備しているところもあるので一度見学や行ってみるのもおすすめです。

 

◎レッスンスケジュールの有無

ボクシングジムによっては初心者クラスは19:00~20:00、上級者クラスは20:00~21:00といったクラス分けがされていることもあります。

あなたが通える時間にピッタリなレッスンがなければ通う回数が減ってしまいますので確認しておきましょう。

また、プロボクサーが多数在籍しているボクシングジムだと、プロの選手優先で施設が使えるようになっていて初心者の女性の方は肩身の狭い思いをしてしまうこともあります。

最終的には自分の目で判断

最近は各所にボクシングジムも増えています。

ホームページを見れば様々な情報が載っていますが、最終的には実際に見学や体験に行ってみてあなたに合っているかどうか、続けられそうかどうかを判断することをおすすめします。

これはホームページの内容と実際の店舗とで差がある場合もあるためです。

例えばホームページには「女性向け」と書いているが実際行ってみると男性ばかりで男臭い雰囲気だった、というようなこともありえます。

営業時間や料金などはホームページに正しい情報が載っているところがほとんどだと思いますが、あまりホームページを更新していなくて最新の情報ではないというジムも稀にですがありますので、直接確認するにこしたことはないでしょう。