ボクシングで計量失敗するとどうなる?


ボクシングで計量失敗

ボクシングでは計量があり、前日計量の時点で定められている規定体重より軽い状態でないといけません。

ではもし計量に失敗し、規定体重よりオーバーしてしまった場合はどうなるのでしょう?

 

これは場合にもよりますが中止あるいはなにかしらの条件を加えたうえでの試合となります。なぜかというとボクシングは細かく階級が分かれていることからも分かるように体重で大きく有利不利が変わってしまいます。2kg違うだけでもひとつ階級が変わってしまうのです。そのため体重差がありすぎると危険と判断され中止といった感じです。

 

しかしプロボクシングは興行なので中止にはしたくない事情もあります。

みんながその試合を観に来ているのに中止となったら観客は大ブーイングですし、だからといって返金するわけにもいきません。

その為なんらかの条件を加えたうえで試合をするということが多いです。

 

一般的にはファイトマネーの没収や罰金などですね。

また、タイトルマッチでチャンピオンが計量クリアできなかった場合は王座剥奪となり、仮に勝っても王座返り咲きとはならず、挑戦者が勝った場合のみチャンピオンとして認められます。挑戦者が計量クリアできなかった場合はこの逆ですね。