マスボクシング

マスボクシング

マスボクシングという用語をご存知でしょうか?

スパーリングを知っている方も多いと思いますが、ボクシングジムでは基本マスボクシングをすることが多いです。

 

マスボクシングの具体的な内容としては、2人で向き合ってお互いのパンチの距離が当たらない位置で実践の試合をイメージして寸止めでパンチを打ちあうものになります。

 

ミット打ちやシャドーボクシングなどに比べて、相手がいることで集中力が増し攻防の緊張感がありとても良い練習方法です。

 

また、フィットネス目的でボクシングをやっている方にもマスボクシングをおすすめします。

ボクシングに集中して行うことで全身の筋力が使われて、ものの2~3分で汗が止まらなくなることでしょう!

マスボクシングコツ

マスボクシングのコツ

・ボクシング初心者の場合、攻撃することばかりに気をとられてしまいがちですが、ディフェンス無くしてボクシングは成り立ちません。

相手の動きをよく見てパンチに反応してガードやかわす練習をします。

 

・攻撃の際は単発で終わらずに、ミット打ちなどで行った色んなコンビネーションを試してみましょう!

 

・同じ人とばかりではなく色々な相手とすることでスタイルや間合いなど異なりますので対応能力が上がり技術が向上します。


まとめ

マスボクシングをやることにより飛躍的にボクシング技術が上達します。

実戦練習をすることでダイエットやシェイップアップに効果があります。

 

ボクシングトレーニングにある程度慣れてきたら是非マスボクシングにチャレンジしてみてください。