ボクシングデーって何の日?

ボクシングデー

明日12月26日はボクシングデーです。

 

 

ボクシング・デーといわれると戦うから?ボクシングが出来たから?とりあえずボクシング関係なんだろうなあ、

などと想像しますが、スポーツのボクシングではありません。

ですが英語のスペルは格闘技のボクシングと同じBoxing Dayです。

ややこしいですね~。

 

ボクシングデーはキリスト教由来の祝日で、12月26日のことです。

国内ではあまり馴染みのない言葉ですが、海外ではイギリスやニュージーランド、オーストラリアやカナダなどキリスト教のその他多くの国が休日になります。※アメリカではこの習慣はない

 

諸説ありますが、屋敷の使用人などはクリスマスでも休めないことが多く、休暇をもらえるのは翌日からでした。

そんな人にねぎらいの意を込めて12月26日に箱(BOX)に入ったプレゼントが送られた。

 

貧しい人達の為に協会の前に寄付を募った箱が置かれていて、その箱を開けるのがクリスマスの翌日だった。

 

 

これらの説がキッカケでボクシングデーと名付けられたそうです。

 

 

そしてアメリカが独立して以後19世紀頃からイギリスを中心に始まり現在も続く安売りの日になっているんだとか。

イギリスなど諸外国では12月26日(ボクシングデー)から冬のバーゲンセールが活発になるそうです。

年末に売れ残った店の商品の売り尽くしクリアランスセールで街が賑わいます。

近年では『ボクシングウィーク』などと名付けて1週間ほどセールが続くお店も増えてきています。

 

なぜボクシングデー特売の日になったのかは定かではありませんが、クリスマスに売れ残った商品を売りさばく…といった感じだったのでしょうか。

 

日本でもクリスマスの翌日はクリスマスケーキが投げ売りされていますもんね。

 

話をまとめますと、ボクシングデーは小売店が一斉にバーゲンを始めるので1年で一番安く買い物ができるので街が人混みで溢れてごった返す日です。

 

お店ではスポーツのボクシングのBOXとかけてサンタクロースがボクシンググローブを手に付けてプレゼントBOXを持つチラシやポスターなどが多く見られます。

 

 

ちなみにアメリカではこのボクシングデーという文化は無く、クリスマスから年末年始にかけてのバーゲンセールには最近よく耳にするブラックフライデーという言葉が馴染んでいます。

 

ちなみにスポーツのボクシングの由来は四角いリング、箱(BOX)のようなところで戦うことから「BOXING」と名づけられたそうです。