筋トレと有酸素運動ってどっちが大事?

筋トレと有酸素運動でダイエット

ダイエットで筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動のどっちを運動すればいいですか?と聞かれることがよくありますが、答えとしてどちらも大事なのでどちらもしていただくに越した事がないです。

欲を言うのであればプラス食事の見直しや調整も大事になるので、ダイエット目的の方は無理のない範囲でやっていただくと良いでしょう。

 

ウエイトトレーニングなどの筋トレ(無酸素運動)はあまり脂肪燃焼のイメージがなく、むしろ女性は『ムキムキにはなりたくない・・・』と心配される女性が結構多くジムなどでも筋トレはほぼせずランニングマシンだけ少しして帰るという光景を過去によく見かけました。

無酸素運動をする事で【成長ホルモン】が分泌され、この【成長ホルモン】は筋肉の成長や骨細胞の分裂や増殖を促す働きがある他、脂肪の分解をさせる働きがあります。

成長ホルモンは分泌されると約6時間は持続されるので、筋トレからの有酸素運動をすることによって脂肪燃焼効果が約3倍程上がります。

脂肪が消費されるのに有酸素運動は20分~と耳にした事があると思いますが、筋トレをして頂く事により脂肪燃焼効果は約5分程で効果があらわれます。

 

逆のパターンで有酸素は苦手だけど筋トレは楽しいと思う女性の方は意外にランニングマシン等が得意じゃない方も多いので、そういう方々はボクシングやキックボクシングなど全身を使えて対人で出来る運動がお勧めになります。

リズムに乗りたい方などはスタジオレッスンを受けるのも楽しく運動が出来る一つの選択肢になるので、筋トレと有酸素の組み合わせはご自身の好みにあったものを選びましょう。